外車と国産車の税金|カーコレ45

お盆休みのお知らせ

カーコレクション45は下記日程でお盆休みを頂きます。お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。

8月18日(土)~8月20日(月)

外車と国産車の税金。外車の税金は高いの?

車を維持するときに燃費や車検代、保険料などを考えると思います。その中の1つである税金に関して、外車と国産車では「違いはあるのか」気になると思います。今回は外車と国産車での「税金の違い」や「その他に違いはあるのか」を紹介したいと思います。

なぜそうなったのか・・・。外車は国産車に比べて高いイメージがあります。

外車と国産車を比較したとき「外車は税金が高い!」と思う人は沢山いると思います。税金が高いイメージだけで、選択肢から削除する人もいるくらいです。ですが、外車にかかる税金は国産車と比べて高くはありません。

外車は税金が高い!は大ウソ。

日本ではアメリカだろうが、イギリスだろうが、ドイツだろうが、出荷国に関係なくすべての車に「同じルール」で税金が課せられます。課せられる対象は「排気量」と「車体重量」。これに「自動車税」と「自動車重量税」の税金が課せられます。したがって、外車であっても課せられる税金に違いはありません。

自動車税 & 自動車重量税ってどんなもん?

車両

0.5t毎の自動車重量税

2015年度
燃費基準達成車

2500円/年

新規登録&検査から
18年経過した車

6300円/年

新規登録&検査から
13年経過した車

5400円/年

上記以外の自動車

2500円/年

軽自動車

3300円/年

排気量

税額

6001㏄~

111,000円/年

4501㏄~6000㏄以下

88,000円/年

4001㏄~4500㏄以下

76,500円/年

3501㏄~4000㏄以下

66,500円/年

3001㏄~3500㏄以下

58,000円/年

2501㏄~3000㏄以下

51,000円/年

2001㏄~2500㏄以下

45,000円/年

1501㏄~2000㏄以下

39,500円/年

1001㏄~1500㏄以下

34,500円/年

1000㏄以下

29,500円/年

 

見たく無くなる表ですね。具体的に例を出してみましょう。

国産車の代表「プリウス」vs 外車の代表「ベンツCクラス」を比較した場合はこうなります。

 

外車(ベンツCクラス) vs 国産車(プリウス)
税金の違い

 

プリウス

ベンツCクラス

自動車税

車の排気量にかかる税金

39,500円

排気量:1797cc

39,500円

排気量:1595cc

自動車重量税

車の重量にかかる税金

12,300円/年

重量1.40トン

12,300円/年

重量1.49トン

 

一目見てわかりましたか?どちらも税金はまったくかわりません。

自動車税はどちらも同じですね。エコカー減税対象車であれば、税金に変化はあります。しかし、車自体のスペックだけを見ると、まったく違いはでないのです。

結論。税金は外車だからって高くならない。

このように外車であっても国産車であっても課せられる税金に違いはありません。

確かにそういうイメージはあります。「BMW」 「ベンツ」と聞くとやはり、「高級車」というイメージになります。そこから「外車=税金が高い」というイメージが付いてしまったのでしょう。

しかし「外車=税金が高い」 という間違ったイメージを持ってしまうと、車を購入する時に選択肢が減ってしまいます。正しい知識を手に入れて、自分の好きな最高の車を手に入れてくださいね!

お問合せはこちらをクリック

87.64

最終更新 2018年08月18日

1397

2011年~現在 店頭・WEB累計

最終更新 2018年08月18日